Relay Column Verdeのメンバーがリレー形式で毎回コラムを書いていきます!随時更新

第19回(2020.11.18)

私が政治家になった理由

約10年前、ある方からお声かけがありました。
大阪維新の会って知っているか?橋下徹さんって知っているか?
当時、私は外資系勤務で東京大阪を行ったり来たりするようなサラリーマンでした。
月の半分は東京、あと残りの半分は西日本(岐阜から岡山)担当の人事をしておりました。
政治には辟易しており、当時、国政自民党は1年ないしは数か月で首相が代わっているような国政政治でした。こんな日本の政治にうんざりしており、子どもが中学生になったら、日本脱出しようと考えていました。そんな時に声をかけて頂いたのが大阪維新の会でした。

あまり地方政治に関しては知識がなく、また、興味を持つことも少なかったのです。
しかし、当時の松井幹事長にお目にかかり、「本気で大阪変えたいんです。」「大阪は今のままではいけないんです。」というお話を伺い、その後、当時の橋下代表にお目にかかりました。私の経歴は政治家にあまりいない経歴で「今のキャリア捨ててもいいのですか?」「本気で大阪変えてくれるんですよね?」「一緒に変えることができるんですよね」というやり取りがありました。個人的には政治家を信用していなかったのですが、お二人の本気度をその時に感じました。この方達なら本当に大阪を変えてくれると感じました。

東京から戻ってきた大阪はシャッターが閉まり、御堂筋にあった大企業本社は東京に移転していました。そして、10年経った今、大阪は10年前より変わりました。 都構想は否決されましたが、維新の知事、市長誕生から大阪は変わってきています。

なかの としこ

大阪市生野区

中野 としこ

なかの としこ

次回はみよし かおる議員です。

ページトップへ