Relay Column Verdeのメンバーがリレー形式で毎回コラムを書いていきます!随時更新

第18回(2020.11.11)

幸せな政治を目指して

今年で政治の世界に入って早10年になりました。
「何事も10年」とは言うものの、政治の世界は奥が深く日々勉強させていただいております。

思い返せば市議時代に掲げたキャッチフレーズは「日本一しあわせな街 南区創造」でした。
大好きな故郷で、子どもからお年寄りまでみんなが幸せを実感できれば…そんな夢を膨らませながら政治の世界に飛び込んだことを今も鮮明に覚えています。
けれども、初めての選挙で
「何で小さい子供抱えて政治家なんかになるの?」
「家族犠牲にしてまでやらなあかんの?」
など、私にとって予想もしていなかった言葉を浴びせられました。

そのたびに私は「子供たちが愛おしい、だからこそ我が子だけじゃなくそのお友達もその家族も…つながるみんなが幸せに感じる街を創りたいんです!それができるのが政治ではないでしょうか」と訴えていました。

いま、私が思うことは
「政治って人を幸せにするものである。」
政治は、日々の私たちの生活、また社会のあらゆるものがうまく進んでいくかを左右する大切なものです。政治のあり方によって私たちの幸せも決まってくるのではないでしょうか。

使い方を間違えると、凶器にもなる政治。
でも、使い方によっては人を幸せにするツールとなります。
私は、これからも「政治」を駆使して幸せをプロデュースしたいと思っています。

たかぎ かおり

参議院議員

高木 かおり

たかぎ かおり

次回は中野 としこ議員です。

ページトップへ