維新政治塾 第三期を終えて

塾長紹介

塾長 浅田 均そもそも維新は、現実にそこにある問題を、合理的に解決することを目的とするプラグマティスト集団である。だから、考え方は必然的にグローバルスタンダードに近づく。法の支配、自由経済、民主主義等。
他方、維新は多様な価値観を認め合う「自立した社会」の制度的枠組みを模索している。大阪都構想、道州制をはじめ「地域の自立」を目的とする統治機構改革、「個人の自立」の前提となる機会平等を実現させる教育無償化等をセンターピンとしているのは改めて言うまでもない。
維新塾の精神は何か。
塾生は社会人である。だから必然、「学びて時にこれを習う」ということになる。しかし、塾としては直ちに維新の議員・首長として職責に応えうる人材を育成したい。そこで、一日の長のある議員がチューターとなり塾生と切磋琢磨する。こんな塾は他にはないだろう。
立法事実を説明するには現実と向き合っている必要がある。立法には知識がいる。政策の効果を分かってもらうには政治が要る。
運営委員長、チューター、塾生が、これからの維新を支える大きな幹、大きな枝になれば未来への好循環は確実に始まる。

講師紹介

日程 講師 講師肩書 テーマ
1回 1月30日(土) 橋下徹顧問 法律政策顧問 《基調講演》
2回 2月27日(土) 佐々木信夫氏 中央大学教授(行政学者) 地方自治・大都市制度について
3回 3月26日(土) 岡本行夫氏 外交評論家 これからの日本の外交・防衛について
4回 4月30日(土) 上山信一氏 慶應義塾大学教授 組織論、統治機構、松井・橋下改革について
5回 5月21日(土) 鈴木亘氏 学習院大学経済学部教授 / 前大阪市特別顧問(西成特区構想担当) 社会保障の現状と改革の着眼点
6回 6月11日(土) 猪瀬直樹氏 大阪府市特別顧問 この国のゆくえ
7回 7月23日(土) 冨山和彦氏 株式会社経営共創基盤代表取締役CEO なぜローカル経済から日本は甦るのか
8回 8月27日(土) 原英史氏 株式会社政策工房 代表取締役社長 国と自治体での規制改革
9回 9月10日(土) 辛坊治郎氏 キャスター 情報のウラを読む
10回 10月22日(土) 高橋洋一氏 株式会社政策工房 代表取締役会長 簡素、公平、中立から簡素、公平、活力
11回 11月26日(土) 三浦瑠麗氏 国際政治学者 維新にのぞむもの
12回 12月17日(土) 松井一郎代表 大阪府知事 《模擬議会》
吉村洋文政調会長 大阪市長

チューター紹介

運営委員長

  • 大阪府議会議員

    森和臣

    もり かずとみ

    共有した維新魂と覚悟を持ち、一緒に維新政治を実現させましょう。

運営委員

  • 大阪市議会議員

    岡崎 太

    おかざき ふとし

    私も共に学ばせていただきました。今後のご活躍を期待しています。

  • 堺市議会議員

    三宅 達也

    みやけ たつや

    ご卒業おめでとうございます。今後のご活躍を期待いたします。

  • 衆議院議員

    木下 智彦

    きのした ともひこ

    自ら考え、自ら進める、これからも実践を!

  • 大阪府議会議員

    河崎 大樹

    かわさき だいき

    塾生の皆さんから様々な事を学ばせてもらった充実の1年間でした!

  • 大阪市議会議員

    角谷 庄一

    かくたに しょういち

    三期生の皆さん、各地での改革を前に進めるご活躍を期待しています。

  • 大阪府議会議員

    徳村 聡

    とくむら さとる

    よく頑張り学ばれたことを活かして、各界でのご活躍をお祈りします。

  • 大阪市議会議員

    田辺 信広

    たなべ のぶひろ

    塾生の皆様、修了おめでとうございます。今後のご活躍を祈念します!

  • 大阪府議会議員

    橋本 和昌

    はしもと かずまさ

    皆さんと勉強した素晴らしい一年でした。これからもよろしくお願い致します。

  • 衆議院議員

    椎木 保

    しいき たもつ

    「何を語るのか」ではなく「何を実行するか」、維新前進頑張ります!

  • 大阪府議会議員

    漆間 譲司

    うるま じょうじ

    一年間、お疲れ様でした。維新の運動、是非ともご一緒下さい。

  • 堺市議会議員

    池田 克史

    いけだ かつし

    秋の堺市長選挙で維新スピリッツ体現してください。お待ちしています‼

  • 参議院議員

    清水 貴之

    しみず たかゆき

    私も維新塾一期生です。初心を忘れず、皆さんと共に頑張ります。

トップヘ